地中熱ヒートポンプシステムとは

  • サイトマップ
  • お問い合せ


コンテンツメニュー

㈱萩原ボーリング
山梨県甲府市上今井町740-4
TEL:055-243-4777
FAX:055-243-4722


  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • リンク集

地中熱ヒートポンプシステムとは

ヒートポンプとは、CO2やフロンなどの冷媒を圧縮や膨張させ、これにより加温したり冷却したりする装置で、古くは冷蔵庫やエアコンに、最近ではエコキュートなどに使用されています。地中熱ヒートポンプシステムでは、地中10m以上の深さに挿入した配管と、ヒートポンプ室外機との間で熱交換して冷房や暖房を行います。

  • 地中深さ10mより深い層の温度は、地上の気温変化に関わりなく一年を通して10~15℃で一定です。地中熱ヒートポンプシステムとは、この地中との温度差をヒートポンプで熱交換利用する技術です。

    地中の温度と外気温の季節比較
    地中の温度と外気温の季節比較

  • 地中温度は、外気温度に比べて夏冷たく冬温かいため、地中を夏季の放熱源、冬季の採熱源として利用すれば、年間を通して非常に効率が良く、特に、冷房時には排熱を地中に放熱し、外気に排熱させないため、ヒートアイランド対策として効果が期待されています。
地中熱ヒートポンプシステムの仕組み
NPO法人 地中熱利用促進協会パンフレットより